スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

さよなら

昨日の記事の直後 2006年12月23日午後6時30分ころ

我が家の家族、ねこのチョロが亡くなった。

数日前からトイレに行けず、前日からは食事もできなくなっていた。
23日は、何度か水を飲んだだけ、それも口元に持っていかなければ飲めなかった。
午前中は何度か寝返ったりもしたけれど、午後からはほとんど動かず。
生きているかどうかは、おなかの動きを見るしかなかった。
それもごくわずかの動き。


昨日午後6時過ぎあたりから、
いよいよという状態だった。

家族は、いろんな予定をキャンセルしてみんなそばにいた。
玄関先で遊んでいた2人を呼んでみんなでチョロを見守った。

もう息ができないようだ。

しばらく動かない時間が続いた後、
もがくように大きく呼吸をする。

その動作が何度続いただろう..

長女から、徐々にみなの目が赤くなっていく。

もう、いよいよなのだ。
お別れなのだ。

その悲しさとともに、
チョロ、もういいよ、苦しまなくてもいいよ。
そんな気持ちもするのだった。


6人が円になって見守る中、
チョロは最後の息をした後、
静かに体の力が抜けていくのがわかった。
そして、足がわずかに痙攣した。


***

そして今朝、葬儀屋さんにお願いして、
火葬していただき、
昼には骨となって帰ってきた。


信じられない。
もう生きているのがやっとなのはわかっていたけれど
それでも、もう死んでしまったということが信じられない。

子供たちからすると、生まれる前からいた当たり前の存在、
まさに家族の一員。

僕ら夫婦にとっても、結婚する前から、いた存在。
僕にとっては妻よりも古い付き合いだ。
チョロのおかげで僕ら二人の仲がよくなったところもあったろう。

16年前、仕事帰りの帰り道、道端の草むらで
泣いてはいるけど出てこない臆病な子猫。
持っていた残業食の残りでつって、無理やりつれて帰った。

留守中に、洗面所の蛇口をひねり、大洪水を起こしたこともあったっけ。

娘が生まれたときは、ストレスでおしっこが出なくなったりして。



ありがとう 本当にありがとう。

一日早ければ僕はお別れに立ち会えなかっただろう。
前の週ならば、妻はずっと不在だった。

みなのいる時間までがんばってくれてありがとう。

子供たちは命の大切さと、別れを学んだと思う。



あの日、お前と出会ってよかった。

一緒に暮らしてよかった。

この家族は、いろんな運命のもとここにあるのだけれど、

お前との出会いがその原点かもしれない。

これからもずっと、見守っていてほしい。











スポンサーサイト

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

ラッキー

ラッキーとは我が家の一番新しい家族、元野良のネコ。 去年の9月頃、始業式の日に、4年生の長男がつれて帰ってきたらしい。 仕事中に電話を...

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

案じていました。悲しいです・・・。
チョロちゃんは、大好きな家族みんなが見守っていてくれて
きっと安心したろうと思います。
TOMOMOさんと一緒に、またTOMOMOさんの家族と一緒にすごした16年間、
きっと幸せだったろうと思いますよ。
そろそろ天国についたかな。うちのたまと、友達になってくれるといいな*^^*。

みんなに見守られて、大事にしてもらって、
チョロちゃんは幸せでしたね。
きっと、みんなのことを見守ってくれてると思います。

てるてるんさん
どうもありがとうございました。
とってもいい顔していました。たまちゃんがいるからさみしくないかな..

walnutsさん
ありがとうございます。
最後はみんな一緒でそれだけが救いです。
今もこの家にいるような気がします。

お久しぶりです。
新年のご挨拶に伺いました。
でも、こんな辛いことがあったなんて・・・・・
胸が締め付けられます。
やはり、同じ生き物のを飼っている者として
この日が来ることはわかっていても、実際そんな場面になってしまった時
どんな精神状態でいられるんだろう、と見当もつきません。
ポット(だったかな?)のあったかいものの上が好きだったチョロですよね。
でも、家族みんなに見守ってもらって、幸せだったチョロ。
YOMOMOさんファミリーに育てられてよかったなぁ~。
今は、天国で皆さんを見守ってくれてますよ。
ご冥福をお祈りします。

あ、遅れましたが、今年もよろしくお願いします。

まゆりんさん
お久しぶりです、お元気ですか。
ペットの死は本当に家族同然ですので、辛いですね。
だけど、当然生きていく中で家族との別れも起こるわけで、
そういう意味では、子供たちにとっていい経験を与えてくれたと思うのです。
なので、「辛いので、もうペットは飼わない」というのは、
気持ちとしてありましたが、違うのかなとも思っています。
いたわる心や、思いやり、愛と別れと多くのことを教えてくれ、
そしてなにより、かわいいですものね。
また、いいめぐりあいがあればなぁとおもいます。

相変わらずお忙しい毎日をお過ごされていることなのでしょう。
お体に気をつけてがんばってくださいね。
今年もよろしくお願いします。

ご無沙汰しています。時々は覗いていたのですが・・。
でも命に向き合うことが出来るっていいことなんですよね。
辛いこともあるけどきっと楽しかったことのほうが多いでしょう。
思い出してあげることでチョロちゃんもきっと喜んでいると思います。

私も辛いと思ったことのほうが多いけど
やっぱり身近に生きるものがいるというのは心強いことです。
少ししたらまたきっとステキなパートナーが見つかると思いますよ。

まみなみさん、お久しぶりです。
ありがとうございます。
「命に向き合うことが出来るっていいことなんですよね」
ほんとにそうだと思います。
実は、そんなこと無くても、実際常に命と向き合って生きているはずなのですが、
感じにくいものですから。
自分自身も昨年は辛く感じたことの多かった一年ですが、
それをどう糧に生かすかが、この一年の課題だと思っています。
今年もよろしくお願いします。

ご無沙汰しておりました。今年もよろしくお願いします。
年が変わりチョロちゃんを亡くされた哀しみは少し和らぎましたでしょうか。
ご家族が見守る中で一生を終えたチョロちゃんは幸せです。
お子様達は辛かったでしょうが「死と向き合う」重要な経験をされたと思います。
うちのちびにゃんもかなり痩せてきました。治療効果があり今は元気です。
その日がくるまでしっかり見守っていたいと思っています。

majomajo さん お久しぶりです。
ようやく家族も、チョロのいない生活に慣れてきました。
というか、遺影となったチョロとの生活に慣れてきたという感じでしょうか。
毎日、挨拶をして線香をあげて、という感じです。
いい経験、いい勉強をさせてもらいました。
ちびにゃんもも具合が悪いのですか? ちょろとよくにたぶちネコちゃんでしたでしょうか。心配ですね。

コメントできずに一ヶ月も経ってしまいました。
皆さん、寂しいことと思います。
チョロちゃん、病気の苦しみから解放されて楽になったことでしょう。
家族全員で見送ってもらえるなんて幸せだね。

がーちゃん さん
ありがとうございます。
チョロのいない生活にようやく家族がなれてきました。
会話の中では毎日のように出てくるんですけどね^^
プロフィール

TOMOMO

Author:TOMOMO
FC2ブログへようこそ!

最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
カテゴリー
FC2カウンター
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる


フルーツメール
ブログ内検索
RSSフィード
リンク
アフリエイトで小遣い稼ぎ 参加無料 50%還元
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。