スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

チキン・リトル

市民会館で、300円で見れたので、
時期はずれではあるが、行ってきた。
「チキン・リトル」

行くといったのは、長男と末っ子。
最近、みんなの意見がそろわなくなりだし、
メンバーが流動的になってきた。
それも成長してきた証かな。

まったく予備知識はなかったのだが、
父と子の「信頼」についてのストーリー。



「そらのかけらが落ちてきた」と大騒ぎをし、
街を大混乱にした「チキンリトル」。
街中、学校でも仲間はずれにされ、父親にも信じてもらえない。

その後も失敗を繰り返すが、
その昔、父が活躍した、野球で逆転ホームランを放ち、
父との信頼を取り戻す。

**
このあたりの、最初の数十分で涙が出そうになった。

とてもやさしい父親であるのだが、
それでも唯一の理解者たる父親が、なぜ息子を信じてやれないのか。

そして、野球で実績を示し、はじめて、分かち合う。
それでよいのか。

ハッピーな一シーンだったのだが、
本当に涙が出そうだった。


だけど、そう思う自分こそ、果たしてそれでよいのか?

闇雲に、自分だけが理解者だ、と盲目に子供を信じてよいのか。
もちろん、どんなことがあっても味方でありたく、信じたいが、
世に対して、周りに対して、もし間違いを犯すこともないことはないことを、
冷静に考えておかなければいけない。
確かな成果をもって、はじめて称えることこそ、
本当に子供に対して、一人の人格を尊重した接し方なのかもしれない。

自分は、親として 甘いのかもしれない。


そんなことを考えさせられた、映画だった。
そう思うと、さらに涙が出そうになった。
がんばろうな、息子たち。
がんばって、これから長い、父子関係を築いていこうな。





「チキン・リトル」
は、これから話が続き、
実は、そらのかけら が落ちてきたのは本当で、
宇宙人がやってくる。
宇宙人の子供が、置き去りにされ、
勘違いした宇宙人が、地球を攻めに来て
仲直りする、

という単純でありきたりの話。


子供は退屈そうだった。

いくらかわいいキャラでも、
子供はしっかりとストーリーで、判断しているなと、
つくづく感じた。





スポンサーサイト

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

我が家では、母だけが子育てに苦労していたと思っていたけど、
本当は父も父なりに、娘の事を一生懸命考えてくれてたんだろうな・・・と、
TOMOMOさんの言葉を読んで実感しました。

最近、仕事が忙しくて、大変だ~と愚痴をこぼしがちなんですが、
仕事なんかよりずっと大変なのは、「子育て」なんだと、すごーく思います。

会社や友人との人間関係も大変だ~と思う時もあるけど、
もっともっと大変なのは、親子関係なんだとも。

ボーリングをしている、お姉ちゃんや僕ちゃんたちの可愛い笑顔を見たら、
TOMOMOパパは、きっと素敵な方なんだろうな(^^♪と思いますよ。


ちこさん、
父親は(少なくとも僕は)考えはしますが、結局何もしません。。^^
子供との関わりは、子供以上に親にとって学ぶことが多いと感じます。
なので大変よりも、ありがたいことだと思います。
プロフィール

TOMOMO

Author:TOMOMO
FC2ブログへようこそ!

最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
カテゴリー
FC2カウンター
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる


フルーツメール
ブログ内検索
RSSフィード
リンク
アフリエイトで小遣い稼ぎ 参加無料 50%還元
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。